Welcome

高橋佑磨のウェブページ

生物は、種間の関係や種内他個体との関係、異性との関係、遺伝子間の関係などにより生じるさまざまな力学、すなわち進化の原動力あるいは制約の中で適応を果たしてきました。もちろん、確率的過程の中で非適応的な性質が進化することもあるはずです。私は自然界に潜む生態学や進化学的に重要な普遍的原理、原則を探求しています。特徴的な性質や生活史をもつ身近で魅力的な動植物やモデル生物を材料にして、ゲノム解析やフィールドワーク、実験生態学、メタ解析、系統種間比較、統計解析、ゲノム編集、逆強化学習(機械学習)などのさまざまな手法を駆使しながら、研究を進めています。現在の中心的な課題は、行動学や生態学、進化生物学の橋渡しを行なうことによって生物の時空間的な動態や高次の生命現象の理解するための新たな理論的枠組みを構築することです。詳しくは、こちら。学生の研究テーマはこちら

最近の研究のキーワード:遺伝的多様性、色彩多様性、行動多様性、個性、パーソナリティー、遺伝子流動、分布域、個体群動態、多様性の維持、多様性の機能、ゲノム解析、生態-進化フィードバック、個体間相互作用、環境適応、適応阻害、概潮汐リズム、都市化、逆強化学習、ゲノム編集、エピジェネティクス、遺伝する環境効果、季節適応、急速な進化、表現型可塑性、進化の方向性、キイロショウジョウバエ、野生のショウジョウバエ類、トンボ、ミールワーム、チリメンカワニナ、ビッグデータ

 

プレゼン資料やレポート、申請書などの作成に必要となる「教養としてのデザインの知識やテクニック」の普及教育活動もしています。詳しくは、こちら

 

We study the evolutionary processes and its demographic consequences in various organisms, including both animals and plants. Quantifying the effects of evolutionary changes on population demography will increase our understanding of ecological dynamics, such as demography, range expansion, community dynamics, ecosystem functioning and extinction risk and then elucidate how these processes, in turn, affect macroevolutionary dynamics.

 

 

News and Updates