アオモンイトトンボの分布北限がどのような集団遺伝学的メカニズムで形成されているのかを明らかにしました。分布限界の成立機構には、辺縁部での多様性の欠如仮説と、辺縁部での移住荷重の増大仮説があります。本種では、辺縁部での遺伝的多様性の欠如により適応進化が抑制されることで、進化的な分布拡大が停止する、すなわち分布限界が形成されることがわかりました。大きな空間スケールで生じる種レベルの分布限界は、相対的に遺伝子流動の貢献が小さくなるので、多様性の欠如によって適応進化や分布拡大が抑制される場合が多いと考えられました。

Takahashi, Y., Y. Suyama, Y. Matsuki, R. Funayama, K. Nakayama and M. Kawata (2016) Lack of genetic variation prevents adaptation at the geographic range margin in a damselfly. Molecular Ecology, 25: 4450–4460

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

プロフィール

高橋佑磨|准教授
千葉大学 大学院理学研究院 生物学研究部門
機能生態学研究室

千葉大学工学研究院附属 インテリジェント飛行センター


Yuma Takahashi
Associate Professor
Graduate School of Science, Chiba University

所在地・連絡先

〒263-8522
千葉県千葉市稲毛区弥生町 1-33
千葉大学 西千葉キャンパス
自然科学系総合研究棟1・406号室
キャンパスマップ

043-290-3965
takahashi.yum[at]gmail.com

オフィスアワー:10:00–17:00