アオモンイトトンボでは、雌に体色の2型が現れます。この2型の維持機構やその生態的機能について、ずっと調べてきましたが、そもそもどんな遺伝子により2型が決まっているかはまったくわかっていませんでした。もちろん、近縁種を含め、だれも知りませんでした。今回、RNA-seqを用いた解析により、doublesex遺伝子(昆虫おいて形態の性差を決定に関与することが知られている)のアイソフォームの発現パターンの違いによってアオモンイトトンボの色彩の2型が決定することわかりました。今後は、本当の責任遺伝子(つまり、各アイソフォームの発現パターンを決定する遺伝子)の探索を続けていきます。本研究は、東北大のD1の高橋迪彦さんが中心になって行なったものです。

論文のリンクはこちら

 

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

高橋佑磨|准教授
千葉大学 大学院理学研究院 生物学研究部門
機能生態学研究室

千葉大学工学研究院附属 インテリジェント飛行センター


Yuma Takahashi
Associate Professor
Graduate School of Science, Chiba University

所在地・連絡先

〒263-8522
千葉県千葉市稲毛区弥生町 1-33
千葉大学 西千葉キャンパス
自然科学系総合研究棟1・406号室
キャンパスマップ

043-290-3965
takahashi.yum[at]gmail.com

オフィスアワー:10:00–17:00